広告の新しい掲載場所の考案

 企業、商品、サービスの広告の新たな掲載場所について考えてみました。

目次

1.マスクに広告

中国製のマスク

 今年の1月後半から新型コロナウイルスが蔓延しているため、外に出かけるときは、みんなマスクをするようになりました。

 一時、マスク不足が問題となっていましたが、5月か6月頃には、その問題も解消し、今では普通に買えるようになりました。その後は、ほぼ100%の人がマスクをしています。

 何ヵ月か前、学生の間でマスク(アベノマスクだったかな)に文字を描くのが流行っている、というニュースをテレビで見ました。

 それなら、マスクの表面に企業の広告を載せれば良いんじゃないかな、と一瞬考えました。しかし、すぐにその考えを改めました。

 多くの方が亡くなられているというコロナ禍に便乗して企業の宣伝を行っているとの批判を受けるでしょうから、そのようなことをする企業はいないんでしょう!

 シャープさんや、ユニクロさん、アイリスオーヤマさんなんかもマスクを製造し販売していますが、企業名や企業のロゴなどがマスクに表記されていなかったと思います。

2.広告の掲載場所についての考案

 マスク以外でどこか広告を掲載できそうな所はないでしょうか?

 例えば、オフィスビルやマンションのエレベーターの壁や天井はどうでしょう?

 見たことがない気がしますが・・・

 近所にあるショッピングモールに突撃して写真を撮影しました。

南砂町のSUNAMOのエレベーターの写真

 ショッピングモールのエレベーターのドアの外側には、上の写真のようにショッピングモール内の店舗の広告が掲載されていました。

 しかし、これは、あくまでショッピングモール内の店舗の案内という意味合いが強く、不特定の会社、商品、サービスを掲載可能な通常の広告とは若干異なります。

SUNAMOのエレベーター内の写真(1)

 エレベーターのドアの内側の写真です。

 エレベーターの中には特に広告のようまものは掲載されていません。

SUNAMOのエレベーター内の写真(2)

 エレベーター内の壁の写真です。
 各フロアの店舗の案内が表示されています。

SUNAMOのエレベーター内の写真(3)

 エレベーターのドア上の案内表示の写真です。
 こちらも各フロアの店舗の案内が表示されています。

 大型のオフィスビルやマンションの場合、エレベーターを利用する人の数が多いので、広告を掲載する効果は十分あるように思います。制約があるとすれば、オフィスビルに入っている会社と競合する会社の広告を載せられないことぐらいだと思いますが・・・
 ビルのオーナー、不動産会社、又はエレベーター会社などのビジネスモデルとなり得るように思われますが・・・

※後で思ったこと:エレーベーターの中は密閉空間でストレスを感じやすい。エレベーター内に広告を載せても広告主に良いイメージを与えないおそれがある。ただし、同じ密閉空間である電車内には多くの広告が掲載されている。利用人数の多少か?


 最近、ワクチンの開発がかなり進んでいるとの情報がメディアで報じられていますので、来年の夏までにコロナが落ち着いてくれたらいいのですが。

 東京オリンピックはどうなるんでしょう。もともと、東京オリンピックの開催は開催費が多額なため反対だったんですが、

 今は、オリンピックを目指している選手のために開催してほしいと思っています。来年の春頃までにワクチンが日本や世界でどれくらい普及しているか?


期待して待っています!

※私自身が実行できないと思われるビジネスモデルを公開しています。私が実行できそうなビジネスモデルはもちろん公開いたしません。

カテゴリー「ビジネスモデル」の記事一覧