「ビール」タグアーカイブ

ビールのデザインとネーミング

 ビールの缶のデザインとネーミングはどのようになっているのでしょうか?

 またまたスーパーに突撃し、ビール(発泡酒、第3のビールを含むビール類)のコーナーで写真を撮影しました。

 牛乳やジュースなどの紙パックのデザインとネーミングの記事は「紙パックのデザインとネーミング」をご参照ください。

1.スーパーに陳列されているビール

ビールコーナーの写真 ※写真は許可を受けて撮影しています。

 上の写真には、「麦とポップ」、「金麦」、「のどごし生」、「GOLD STAR」、「金麦ゴールド・ラガー」、「本麒麟」、「淡麗グリーンラベル」、「一番搾り」、「黒ラベル」、「ザ・リッチ」、「金麦糖質75%オフ」、「クリアアサヒ」が写っています。

 ビールの缶の色は、金色(あるいは黄色)、青色、白色、赤色、緑色、黒色など、様々な色が使用されています。写真をパッと見た感じ、金色(黄色)の缶が一番多そうです。ビール自体の色が金色なので、当然と言えば当然かもしれません。

 金麦の缶の色は赤色ですが、金麦の文字は金色となっています。また、サッポロビール(黒ラベルやGOLD STAR)の星マークも金色となっています。淡麗グリーンラベルの缶の色は緑色ですが、緑色はライトな印象を与えます。

 缶のデザインとしては、サッポロビール(麦とポップを除く)は白と黒を基調としたシンプルなデザインで、星のマークが特徴的です。

 麒麟ビールの各商品の共通点として、すべての商品に麒麟の絵が大きく描かれています。

 サントリーはメタリックな青や赤の派手な色合いが特徴となっています。後述するアサヒのスーパードライが銀色のメタリックな色合いが特徴であるので、その影響かもしれません。アサヒのザ・リッチは紺色の缶がどことなく高級感を印象付けています。

 ネーミングとしては、生、麦、のどごし、などのビール特有の単語(表現)を用いてビールの品質、特徴の違いを強調しようとしています。私はビール党ですので、上記のほとんどの商品を飲んだことがありますが、それぞれ味の違いはわかります。

ビールコーナーの写真 ※写真は許可を受けて撮影しています。

 上の写真には、「ドラフトワン」、「一番搾り糖質ゼロ」、「プレミアムモルツ」などが写っています。

 「ドラフト」とは英語で「汲み出す」という意味ですが、ビールの場合は「熱処理をしていないビール」という意味です。つまり、「ドラフトビール」とは熱処理をしていない生ビールと同義です。

 麒麟の「一番搾り」は2020年の日本ネーミング大賞で優秀賞を受賞した人気商品です。「糖質ゼロ」は今の健康志向を表しています。ビール腹などの言葉があるように、ビールは他のアルコール類に比べて糖質が多いなどのイメージがありますが、「糖質ゼロ」を謳うことで、このようなイメージを払拭する狙いがあります。

 「モルト」とは麦芽のことで、「モルツ」は粒選り麦芽100%で製造されていることを表現しています。

ビールコーナーの写真 ※写真は許可を受けて撮影しています。

 上の写真には、「プレミアムエール」、「スーパードライ」などが写っています。「スーパードライ」は長く続くアサヒの定番の商品です。シンプルなメタリックな銀色の缶のデザインが特徴です。私も良く飲んでいます。

2.デザイン・ネーミングの分析

ビールのネーミング・デザインの分析

 日本のメジャーなビールメーカーのビールを見慣れているせいか、ネーミングおよびデザインともベタ(ありきたり)でも斬新でもない印象です。

 ビール缶はさまざまな色が使われていますが、それほど斬新なデザインだとは思いませんでした。

 消費者(購入者)の多くが大人の男性、特に中年以上の男性が多いと思われますので、あまり斬新なデザインは好まれないのかもしれません。

 スーパーにはあまり置いてありませんが、地方にだけ売っているような地ビールのデザイン・ネーミングは面白いものがあるのかもしれません。

 アマゾンの「ビール売上ランキング」(2020年10月13日)は、
1位は「アサヒ スーパードライ 350ml 」
2位は「サッポロ 黒ラベル 350ml 」
3位は「サントリー ザ・プレミアム・モルツ 350ml 」
 やはり長く愛されている定番のビールが強いみたいです。

カテゴリー「ネーミング」の記事一覧

カテゴリー「デザイン」の記事一覧